抜け毛の種類と原因

一言で抜け毛といっても実はいろいろな種類があります。
頭部から髪の毛の数が減り頭皮が見えやすくなるという点では共通していますが、個々により種類と原因が異なるためもう一度濃くて太い髪の毛を得るには、自身に生じている抜け毛の種類と原因を明瞭にしてから適するケアを施す事が大切です。

男性型脱毛

名称通り男性に発症しやすく薄毛に繋がる原因として最も多くの割合を占めているのが、AGAとも呼ばれる男性型脱毛です。
男性型脱毛は体内で過剰に男性ホルモンが分泌されている様子が要因であり、過剰に男性ホルモンが分泌された事によって髪の毛の成長が阻害されてしまうので、現在生えている髪の毛が次第に細くなっていくのと同時に新しい髪の毛が生えてこなくなり薄毛になります。
頭皮の中でも前頭部と頭頂部は男性ホルモンに深く関係しているため、前頭部から抜け毛が増え始め範囲が広がっていく事例が多いです。
また、以前は抜け毛に悩まされる方は男性が多い傾向にありましたが、現代は女性にも悩んでいる方が多く存在しており、女性の場合はびまん性脱毛症が要因です。

女性のびまん性脱毛

びまん性脱毛症は、元来女性の身体の中で多くの割合を占めている女性ホルモンの量が加齢などにより減少し、男性ホルモンの割合の方が多くなった事で発症する患者が多く、男性が前頭部から抜け毛が増えるのに対し頭頂部から増えていく様子が特徴的です。
男性型脱毛症とびまん性脱毛症は比較的年齢が高くなった男女に生じる事例が多いですが、若年者であっても突如として髪の毛を失ってしまうのが円形脱毛症です。

円形脱毛症

円形脱毛症は著しく強いストレスを受けた時、髪の毛を作り出している毛乳頭の働きが停止してしまう事で毛が抜け落ちてしまう症状であり、斑に抜け落ちるのではなく一部分的に丸く抜け落ちる点が特徴です。
このように、抜け毛は毛乳頭やホルモンなど体内の組織の影響を受けて生じる症例が多いものの、中には頭皮に外部から細菌が入り込む事により炎症と共に脱毛を発症させる白癬症もあります。

白癬症による脱毛

名称からもわかるように、水虫を発症させる細菌でもある白癬菌が髪の毛や毛穴に感染して頭皮に炎症を発症させた上で脱毛させてしまいます。
細菌に感染すると頭皮に丸い脱毛斑が見られたり、毛穴が赤みを帯びつつ腫れ上がっている様子が見られるようになりますが痛みや痒みを感じる事はなく、感染している部分を引っ張るとたとえ軽い力であってもすんなりと抜けます。
通常の脱毛は生活習慣や食生活、ストレスの緩和で解決に繋げられますが白癬菌に感染している際は、医療機関で細菌を除去して頂く必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です