AGAの遺伝子検査で薄毛リスクを知る

AGA(男性型脱毛症)に悩んでいる方は日本に大勢いらっしゃいます。
若い人でも「自分もいずれハゲるのでは….?」と不安な方もいるかと思います。
実は遺伝子検査でAGAのリスクがあるか知ることができるようなのです。

AGAの遺伝子検査について

近年利用者が増加している遺伝子検査では、将来罹る病気の発症リスクを知ることができます。
発症するリスクが高い病気について知っておけば、事前に対策ができるでしょう。
定期的に検査を受けたり生活を見直すことによって発症を抑えられる可能性があり、早期発見・早期治療にも繋げることができます。
日本人男性の1,200万人以上が何らかの悩みを持つ薄毛に関しても、遺伝子検査で発症リスクを確認することが可能です。
予防医学の取り組みで行われた解析によると、被験者の約3割がagaになる可能性が高いと判明しました。
現在はフサフサの髪の毛で薄毛に悩みがなくても、数十年後にはagaを発症し頭髪で悩んでいるかもしれないので、日本人の男性は一度遺伝子検査を受けてみるのがおすすめです。

アマゾンに遺伝子検査キットが販売されてます。
アマゾンで遺伝子検査キットを見る

agaになる可能性は親からの遺伝が原因と思われていて、最初から諦めている男性も少なくありません。
しかし原因のすべては遺伝にあるのではなく、さまざまな要因によって引き起こされると最新の研究で判明しています。
同じ遺伝子を持つ一卵性双生児でも毛量に差が出ることが判明しているので、環境要因も大きいとされています。
遺伝子検査の結果により将来agaになるリスクが高いと判明したら、日頃の生活を見直し環境要因を減らすことによって、発症を抑えたり遅らせられるかもしれません。

遺伝以外の要因は?

環境要因として大きいのは、ストレスや生活習慣の乱れです。
仕事やプライベートでストレスにさらされ続けていると、頭皮にも悪影響が及び毛根の成長を促すことができません。
溜まったストレスは趣味などに打ち込みながら、定期的に発散させなければいけません。
生活習慣と一口に言ってもさまざまな要因があり、食事や睡眠をまずは見直してみましょう。
食事は発毛に効果的な栄養素を中心に、バランスよく食べるのがおすすめです。
揚げ物やスイーツなど、脂分や糖分の多い食事は毛根が詰まる原因になるので控えなければいけません。
睡眠は規則正しく早寝早起きが重要ですが、仕事をしているとなかなか改善するのは難しいでしょう。
ですが少しでも睡眠時間を意識しながら生活をすると、乱れを少しずつ改善できます。
他にも喫煙や過度の飲酒も頭皮には良くないとされ、将来薄毛になるリスクを高めてしまいます。
ストレスや生活習慣を見直しながら、育毛剤やサプリメントなどで早くから対策をしておくと、たとえ遺伝子検査でagaのリスクが高いとされても防げる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です